研究室にようこそ

 私達の研究室は、応用電気化学、材料工学、材料化学および材料加工の広い学際的な研究領域を包含しています。ナノレベルで制御された機能性材料の製造プロセスを開拓するとともに、急速に進展する世の中に役立つ新製品の開発に取り組んでいます。
 表面処理は、英語で'Surface Finishing'、中国語で「表面精飾」と言います。材料加工の最終工程を指すわけですが、「仏神入魂」、「臥龍点睛」と言われるように、製品は、表面処理により始めて全機能を発現することができます。私達が目指すのは、スマートアノード酸化とナノメッキ技術により、自動車部品、電子機器、エネルギー変換デバイスなどに新しい表面機能を付与することです。我々は、Al, Cu, Mg, Ti, Zr, Fe, SUSなどの金属材料とガラス、セラミックスなどの非金属材料の表面に、様々な機能性ナノ材料を創製して新しい機能を発現するとともに、これを環境・エネルギー・省資源の実用技術開発へ展開し、グリーンイノベーション社会の構築に役立てようと考えているわけです。
 研究室では、日本語だけではなく、英語および中国語が飛び交っており、独特な国際的雰囲気を醸し出しています。本研究室では幅広い研究を行っているので、これまでの専門分野は特に問いません。夢を持って世界に羽ばたこうとする「高い志」を持った方、簡単に諦めずに常にフロンティアを突き進もうとする「チャレンジ精神」を持った方、是非一度私たちの研究室を訪ねてください。

(2017年7月からの研究室発足によりウェブサイトの構築を現在実施中です。)

Topics & News

新4年生が研究室メンバーに加えた。NEW
ホームページを公開しました。NEW
新大学院生井上貴斗君と高橋克典君が研究室メンバーに加えた。NEW
叶 泳達 (YE Yongda) 君が表面技術協会第137回講演大会、3月12~13日、芝浦工業大学に口頭発表をした。
叶 泳達 (YE Yongda) 君が第34回ARS松島コンファレンス(パレス松洲)にポスター発表を行った。
中華人民共和国清華大学深圳研究生院博士課程3年生の叶 泳達 (YE Yongda) 様が交換留学生として本研究室に来ました。
呉 松竹准教授は、国際会議「Anodize It! 2017, Toulouse, France」で講演を行った。
呉 松竹准教授が名古屋工業大学物理工学科材料機能分野に着任しました。

連絡先

国立大学法人 名古屋工業大学
表面機能創成研究室 (呉松竹研究室)

〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町
1号館602B室

mail:

Page Top